ブータンとインドの国境の町、サムドップ・ジョンカルは、陸路でブータンに入国可能な地域です。この地域は、古くからドゥンサム・コティと呼ばれ、ブータン人も多く住んでいました。現在の自動車道路は、古い大きな集落を素通りしているためサンドゥプ ジョンカルは、タシガンとインド国境間の通過地点にすぎない。インドのアッサム州の州都グワハティ空港から車で約3時間のドライブです。タシガンまでは6時間30分のドライブです。