西ブータン3都市巡り5日間

パロ・ゾン
  • ブータンの人気都市ティンプー・プナカ・パロを巡るコース
  • ブータンの人々の歴史、芸術、建築、伝統的な生活を見学
  • タクツァン僧院のハイキング付き
  • タクサン僧院のハイキングの代わりにハ谷1日観光に変更可能
  • 古民家を改装したレストランでブータン料理の夕食
催行日2018年1月1日~2018月12月31日
旅行代金お問合せ下さい
最小催行人員1名様

日 程 表

1日目
バンコクから空路ブータンの玄関口パロ国際空港到着ーティンプー
天候に恵まれれば、パロ国際空港着陸前に機内から素晴らしいヒマラヤの山並みを眺めることができます。
パロ国際空港に到着後英語ガイドが伝統的なシルクのスカートを持ってお迎えします。
パロ市内で昼食後国立博物館を見学
その後、専用車でブータンの首都ティンプーへ移動しホテルにチェックイン。
午後メモリアルチョルテン、国立図書館、国立織物博物館などティンプーの観光。
夕方 宗教と政治の中心であるタシチョ・ゾン観光
古民家を改装したレストランでブータン料理の夕食
Phuntso Pelri Hotel又は同等3星ホテル泊


2日目
ティンプー市内観光/プナカへ移動

朝食後ガイドと共にティンプー市内観光
ティンプーの守護神が祀られているチャンガンガ・ラカン、ティンプー市内が一望できるクエンセル・ポダン(ティンプー大仏)、郵便局等を訪問。
昼食後ティンプーを出発し標高3,100mの美しいドチュ・ラ峠へ向かいます。
晴れた日には、ドチュ・ラ峠から息を呑むヒマラヤ山脈のパノラマが眺めることが出来ます。
ドチュ・ラ峠で休憩後プナカのホテルへ移動
プナカ到着後ホテルへ
夕食はホテルにて
Hotel Zingkham Resort又は同等3星ホテル泊


3日目
プナカ観光/パロへ移動

朝食後ガイドと共にブータンで最も美しいゾンと言われているプナカ・ゾンを見学。
温暖な気候のプナカはかって冬の首都でした。2011年第5代国王の成婚式もこのゾンで執り行われました。
ロベサで昼食後子宝の寺としてブータンの人々に親しまれているチミ・ラカンを訪問。
その後ドチュ・ラ峠で休憩後パロへ向かいます。
パロ到着後ホテルへ
夕食はホテルにて
Hotel Olathang又は同等3星ホテル泊


4日目
聖地タクツァン僧院へハイキング(往復5時間)
朝食後「虎のねぐら」と呼ばれるタクツァン僧院へハイキング。
この僧院は、8世紀ブータンに仏教をもたらしたとされる、パドマサンババ(グル・リンポチェ)が、虎の背中に乗って訪れ、瞑想をしたとされています。
標高2800m以上の岩壁にへばりつくように建てられた僧院は、1998年に火災で一部が消失。その後再建されました。
僧院にたどり着くと「一生に一度の、息お呑む素晴らしい景色」とも言える素晴らしい景色を一目にすることができます。
体力に自信のない方は展望台があるタクツァン・カフェテリアから下山することをお勧めします。
タクツァンカフェテリアで昼食
下山後ブータンで一番古いキチュ・ラカン寺院に参拝。
パロ市内で散策後ホテルへ
夕食はホテルにて
Hotel Olathang又は同等3星ホテル泊


5日目
パロから各自で目的地へ出発
朝食後ガイドがお迎えしパロ国際空港へ
パロ国際空港から空路各自で目的地へ出発

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

CAPTCHA を使うには Really Simple CAPTCHA プラグインのインストールが必要です。
【認証のため上に表示された4文字を入力してください】

確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますので、よろしければチェックを入れて下さい。